にぎわいの創出地域環境の再生

新たなまちづくりの
担い手として

まちなかラボは中心市街地の活性化のための
マネジメントや事業を行っています

会社概要
まちなかラボについて

株式会社まちなかラボとは?

 中津川市のまちづくり会社、『株式会社まちなかラボ』は、中津川市並びに商店街連盟・市内4つの商店街振興組合、市内企業からの出資を得て、中津川商工会議所が中心となり設立した、中心市街地の活性化を図りながら、中津川市のまちづくりをコーディネートする組織です。
中心市街地の現状を見ますと、商店街の衰退は第1期中心市街地活性化基本計画期間中(平成20年7月~25年3月)でも明らかに表れており、商店街組織も弱体化が目立っております。
 そこで、リニア中央新幹線開通を当地域の大きなアドバンテージとして捉え、開通予定の2027年を目指して、中津川の中心市街地を核とする地域の活性化を図り、まちづくりに取り組む関係者を一つにする組織として、平成30年5月に各位のご理解を得て『株式会社まちなかラボ』が発足いたしました。
平成30年6月に国(内閣府)の認定を受けた第2期中心市街地活性化基本計画に基づき、市民の皆様とともに中津川市、中津川商工会議所、商店街と力を合わせて、地域住民本意のまちづくり・中心市街地の活性化を進めてまいります。
 皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

まちなかラボの由来
会社の名称『まちなかラボ』は、まちづくり なかつがわ ラボラトリー の頭2文字からとった名称です。

会社概要

社名 株式会社 まちなかラボ
代表取締役 鷹見 直基
役員 取締役:青山 節児(中津川市長)
 〃  杉本 潤 (中津川商工会議所会頭)
監査役:成瀬 博明(中津川商工会議所専務理事)
所在地 〒508-0038 岐阜県中津川市新町2番29号
(まちぴあYOTECO 2階)
TEL 0573-67-7011
FAX 0573-67-9901
Email info@machinakalabo.co.jp
資本金 860万円
出資者内訳 中津川市50株50万円
中津川商工会議所450株450万円
中津川商店街連盟60株60万円
商店街振興組合40株40万円
商工会議所正副会頭100株100万円
市内企業等160株160万円
860株860万円
設立 平成30年5月11日
事業内容 詳しくは「まちなかラボの仕事・プロジェクト(事業内容)」ページをご覧ください。