にぎわいの創出地域環境の再生

新たなまちづくりの
担い手として

まちなかラボは中心市街地の活性化のための
マネジメントや事業を行っています

プロジェクト
現在進行中のプロジェクト

中山道中津川宿 六斎市(六斎市実行委員会事業)

江戸時代、交通の要衝として栄えた中津川宿は、東濃地方はもちろんのこと木曽や飛騨、三河地方など各地の産物の集散地でした。毎月、3と8がつく日には「六斎市」と呼ばれる定期市が立ち、宿場は賑わったといいます。
江戸時代の中津川宿の賑わいを平成に呼び戻そうと、平成20年から毎月第一日曜日に「中山道 中津川宿 六斎市」が140年ぶりに復活し100回を超える開催を誇っています。六斎市が開かれるのは、新町通り本町通り一帯で、開催日には歩行者天国になります。本陣跡(中山道歴史資料館)付近には産直野菜の朝市が立つほか、地元ブランド商品の販売、イベントなどが行われます。商店街だからこそのこだわり商品や、中津川ならではの商品に巡りあうことができるでしょう。